ニューヨークの風

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年は”跳ぶ年”~?

遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願いします。

ニューヨークの年末年始は季節外れのポカポカ天気で、桜の花が一足早い春の訪れと勘違いしてしまったらしく、うっかりピンクの顔を出してしまうほど。。。
その後にやって来た寒波に思わず「しまった!」と思ったでしょうね。


P1010859_convert_20120109231058.jpg
まだ冬ですが・・・


今年は4年に一度のうるう年ですね~。
夏季オリンピックと重なることから、よく「オリンピック・イヤー」と呼ばれることも多いのですが、英語ではうるう年のことを "a leap year" と云います。
直訳すると「跳ぶ年」になってしまうんですが。。。
一体何が跳んじゃうんでしょうね???

本来、うるう年は一日余分に増えるわけだから、「増える年」でもよさそうなものに。。。
ついつい素人判断で余分に増えた2月29日だけに焦点を当ててしまいがちですが、どうやらこの「跳ぶ年」は4年間の暦の流れを表現しているようですね。

たとえば、2009年3月1日は日曜日、2010年3月1日は月曜日、2011年3月1日は火曜日、と毎年一曜日ずつ移動しているのに、うるう年の2012年3月1日は水曜日を飛び越えて木曜日になってしまうわけです。
この「水曜日越え」を英語では"leap over Wednesday to Thursday" という訳ですね。

このようにうるう年の時だけ「曜日越え」が生じてしまうことが、「跳ぶ年」つまり"a leap year" と呼ばれる所以
のようです。そしてうるう日の2月29日を"a leap day"「跳び日」と呼んでいます。

おもしろいことにこの2月29日、"a leap day" 以外に "Bachelor's Day"「独身男性の日」というユニークな別名も持っているのです。はるか昔のスコットランドでは、うるう年に限り未婚の女性は思いを寄せる男性にプロポーズすることができる法令があったとか。

しかも女性からのプロポーズを断った男性には、シルクのドレスか罰金が課せられたというから、男性軍にとってこんな特権たまったもんじゃないですよね。もちろん男性軍の反発によって、後には2月29日だけになったことから、この日を "Bachelor's Day" と呼ぶようになったようで。。。

今やこんな "Bachelor's Day" なんてなくたって、女性の方がたくましく積極的な時代。
あまりに強くなりすぎて「肉食系女子」なんていうおぞましい言葉まで生まれる世の中に。。。

そこで "leap" にまつわることわざを一つ。

"Look before you leap."
女性の皆さん、跳ぶ前によく見ましょう!
「ころばぬ先の杖」を忘れずに。。。

それではどうぞ良いお年を~~




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。