ニューヨークの風

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒い金曜日?!

12月に入り、いよいよクリスマス商戦もたけなわ。
ショッピング・モールはどこもかしこも大賑わい。

アメリカ人は何しろ買う!買う!買う!
クリスマスの時期だけは、さすがのお買い物大好き日本人すら太刀打ちできそうにない勢いなのです。

このクリスマス商戦、いつから始まるのかと言うと、慣習的にはサンクスギビング・デーの翌日の金曜日。
毎年サンクスギビング・デーは木曜日と決まっているため、翌日の金曜日にクリスマス商戦がスタート。
朝の3時にオープンするお店も続々。。。この金曜日だけは、どんな小売店も黒字になると言われるため、「ブラック・フライデー」"Black Friday"と呼ばれているのです。「黒い金曜日」の正体は「黒字の金曜日」だったのです。

この日の売上高が、その年のクリスマス商戦の景気を示す一つの目安でもあるため、エコノミスト君達は売上高の数字を商売道具にあれやこれやと占うわけです。因みに、今年は昨年と比べ約14%ほどのアップだったそうで、少しは明るいスタートを切ったようです。


P1000675_convert_20101211040701.jpg
デパートにもサンタ宛のポストが。

そして、サンクスギビング休暇明けの月曜日が、店舗でのショッピングではなくネットでのショッピングが集中することから、最近では「サイバー・マンデー」"Cyber Monday"と呼ばれています。

今や24時間どこからでも自由にネットショッピングができる時代。何も「サイバー・マンデー」の謳い文句に乗せられなくても~~と思っていた私ですが、気が付けば「サイバー・マンデー」ならず翌日の「サイバー・チューズデー」で、ちゃっかり息子のクリスマスプレゼントを注文していた私。わかっていてもあちこちから流れてくるホリデーソングのように、ついつい躍らせられちゃうんですよね。。。


P1000677_convert_20101211040811.jpg
どこのモールでもサンタとの写真が。


このネットショッピング、わざわざ混んでいる人ごみの中に出かける必要もなく、好きな時間に好きなお店でショッピングができて、確かに便利ですよね。

このネット上をあちこち見て回ることを、英語では"crawl the net"あるいは "surf the net"と言います。
クロールで泳ぐように、または波乗りをしているように、情報を求めて次から次へとネット上を検索することを言い表しているのですが、動詞の表現の仕方に英語らしい遊びがあって面白いですよね。

実際にショッピングをする時は、"shop (around) on the net" 値段などを調べる時には "look up on the net"と言ったりします。


P1000689_convert_20101211040930.jpg
我家のクリスマスの飾りつけ


さてさて、「サイバー・チューズデー」で買ってしまった代物が今日届き、予想外の箱の大きさにビックリ!
いくつになっても息子から「今年もクリスマスプレゼントはサンタ便にしておいて~~」と頼まれてしまった手前、さあ~て、このどでかい箱をどこに隠したらよいものか。。。
とりあえず、クローゼットの中に押し込んではみたものの、さらなる安全な隠し場所を探す私です。

クリスマスまで無事に見つかりませんように。。。

*** COMMENT ***

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。