ニューヨークの風

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニューヨークで朝食を♪

こんにちは

NYはあっという間に朝晩涼しくなり、日毎に秋めいてきました。

先週、やっと新学年度が始まって2日間学校に行ったと思ったら、もう4連休!
「いったいどうなってるの~~?」とカレンダーをにらみつけると、「あ~、そうだったんだぁ~」と。

今年は9月9日・10日がRosh Hashanah「ロシュ・ハシャナ」(ロシャ・シャーナと発音しますが)だったのです。日本ではほとんど馴染みがないと思いますが、Rosh Hashanahはユダヤ暦の新年で、ユダヤ人にとっては神聖な祝日なのです。宗教色は違うものの、日本の新年の元旦のようなものでしょうね。

この祝日がユダヤ暦のため、9月から10月の期間で毎年日にちが移動するのです。そのため、何年アメリカに住んでも、このユダヤ暦の祝日だけは情けないほど未だに身に付かない私です。。。

新年の祝日は2日間あり、NY近郊の公立学校は休校になります。学校の全生徒数の20%だったか25%だったか(ウロ覚えでスミマセン!)を超えた場合、その宗教の祝日はお休みになる決まりがあるのです。それだけ、NY近郊にはユダヤ系アメリカ人が多いというわけですね。

さて、この祝日、新年を祝って一年が"sweet"な年になるようハチミツをかけたパンやりんご、チョコレートなど甘いものをたくさん食べるそうです。

ユダヤ人の食べる食材は"Kosher"「コーシャ」と呼ばれ、旧約聖書の食事規定に準じて食べても良いとされている食材を使った料理が一般的にユダヤ料理とされているため、多文化のニューヨークに居ながらもユダヤ料理には何故か縁遠いですね。。。

でもでも、そんな馴染みのないユダヤの食べ物の中でも、誰もが知っている身近な食べ物があるんですよぉ!今ではニューヨーカーの朝食には欠かせないあのベーグルです!

ニューヨークベーグルと呼ばれるほど、朝出勤前にベーグルを食べながら闊歩するニューヨーカー達の姿は映画の場面にも登場しますよね。

P1000042_convert_20100916230445.jpg
季節限定のThomasのミックスベリー・ベーグル

P1000078_convert_20100916230616.jpg
トーストしたベーグルにホイップバターで


日本でも最近は、あちこちのパン屋さんにもベーグルが登場するように。。。
でも食べてみると何か違うんですよねぇ。。。

そもそもベーグルは、普通のパンのようにバターもミルクも卵も使っていない小麦粉の生地だけのとっても素朴なパンなんです。朝、ベーグル屋さんに行くと、大きなお湯の釜の中でまっ白なベーグル達が気持ち良さそうにプカプカ浮いているのです。

初めて見た時、その製造方法を知らなかった私は「ベーグルが温泉に入ってるぅ~!」と、目が釘付けに!
そしてこの「温泉」こそが、ベーグルをもっちりと柔らかく歯ごたえのある素朴な美味しさにしていることに、ずーっとずーっと後になって日本で気が付いた私です。。。(遅すぎ!!)

日本のベーグルにこのもっちりとした歯ごたえがないのは、ちゃんとベーグルを温泉に入れてないからなんでしょうねぇ。。。


P1000384_convert_20100916230723.jpg
朝一番の焼きたてのプレーンベーグル

ベーグルは発酵させた後にお湯で茹でてからオーブンでカリッと焼くのですが、この温泉方式を考え出したユダヤ人ってすごいって思いませんか?
私はいつもベーグルを食べる度にそう思うのです。


P1000395_convert_20100916230828.jpg
クリームチーズたっぷりの定番ベーグル

パンを作るのに、バターもミルクも卵も使わないんですよぉ。。。いや、使わなかったのではなく、使えなかったと私は勝手に想像しているのですが。。。(ごめんなさい!)
小麦粉の生地をそのまま焼いたのでは石のようにカチカチになってしまうため、茹でることでふっくら柔らかくする方法を考案したんでしょうね。。。

結果として、腐りやすいバターもミルクも卵も一切使用していないため、保存食にもなったわけです。
しかも一つ食べれば、男の人でもお腹一杯になるほど腹持ちがよいのです。
いかに少ない食材でいかに空腹を満足させるか、国を追われ異国の厳しい環境の中で生き抜くために考え出した「生命の糧」だったように私には思えてならないのです。

食べ物の歴史なんぞ何も考えずに美味しいものはパクパク食べる私ですが、大好きなベーグルを食べる時だけは、そのもっちりとした歯ごたえの中に不思議と彼らの生き抜く知恵がずっしりと詰まっているように感じてしまうのです。

まさに、"Knowledge is power to live."
「知識は生きる力」ですね。

ニューヨークにお越しの際には、ぜひとも朝一番でホカホカの焼きたてのベーグルにトロ~リと溶けかかったクリームチーズと共に、ニューヨークで定番の朝食を



*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。