ニューヨークの風

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ハリケーン」って女の子?!

こんにちは

早くも9月半ば。この時期、アメリカはハリケーンシーズンまっただ中。
今年は国問わず、世界各地で記録的な自然災害の多い年のようで、先日は巨大ハリケーン「アイリーン」嬢の上陸で、東海岸一帯は大変な被害を被りました。我が家も合計3日3晩、原始的なロウソク生活を送る羽目に。。。
おかげで、忘れられない夏休み最後の思い出になりました。

余談ですが、電気が回復し3日振りにTVをつけたら、何と日本の内閣もあっけなく吹き飛ばされてました~!!
日本の国を牛耳る内閣が数日で変わってしまうなんて、情けない程笑えない事実ですよね。

一方、日本でも「台風12号」が西日本を直撃し、”平成最悪”と言われる程の被害をもたらしたそうで、被災した人々や地域はさぞや大変だったことと思います。

さて、同じ暴風雨でも、アメリカでは「ハリケーン」、日本では「台風」。
何で呼び名が違うのかご存知ですか?
これは、人間で言うと「出生地」が違うんですね。
つまり、発生地域の違いなわけです。

大ざっぱに分類すると、北アメリカ担当のハリケーン氏は、カリブ海・メキシコ湾を含む大西洋の出身。
日本をはじめ東南アジアを管轄する台風氏は、太平洋生まれ。
そしてもう一方・・・インド、パキスタンに勢力を震うインド洋出身のサイクロン氏が加わり、世界の”暴風雨トリオ”を結成しているわけです。
そして出身地が異なると、お国柄の違いからか、命名のルールも異なるんですね。

まず、ハリケーン氏の場合は男女両姓で、毎年第1号は「A」から始まる名前でスタート。"Andrew" のようにA君でスタートしたら、第2号は "Betty" のようにB子ちゃんに、そして第3号は "Chris" のようにC君・・・と男女交互に命名されているのです。そして翌年はその逆で、A子ちゃんからスタート。名前の頭文字のアルファベットでハリケーン◯号かが分かるようになっているわけです。

このハリケーン名、ハリケーンが登場してから名前を決めていたのでは「何で私の名前なのよ~~!?」とうるさいオバ様方に文句を言われないように(というよりはあわてて混乱しないように)、数年先まで名前が決まっているのです。その昔は、全て女性軍の名前が付けられていたのですが、そこは男女同権のアメリカ。被害をもたらす悪名高きハリケーン名が全て女性では、いつまでもおとなしく受け入れられる筈は無い訳で、今では仲良く折半に。。。

とは言うものの、今回の「アイリーン」嬢にしても、2005年にニューオリンズを崩壊に導いた「カタリーナ」嬢にしても歴史に君臨するハリケーン名は皮肉にも女性名。しかも、歴史に残こる記録的なハリケーン名は「永久欠番」になるというぐらいだから、やっぱりアメリカは女性パワーが強いですよね。

それに比べると、台風氏の場合は至ってシンプル。
男女の姓別などとは無関係で「1号」「2号」と整理番号のみ。名付け親も必要ない代わりに、人々の記録にもあまり残らないで済むと思うと、ハリケーン氏や台風氏にとってはどちらが有り難いのでしょうかね。。。

サイクロン氏の場合は、「回転する」という意味の英語 "circle" から転用されて名付けられただけあって、インド洋、特にベンガル湾で春と秋の年に2度、グルグルとご登場。ベンガル湾出身者には「1B」のように番号の後に「B」を、そしてそれ以外の海域出身者には「1A 」のように「A」を数字の後に付けて、同じサイクロン同士でも出身別に命名されているのです。

この”暴風雨トリオ”のお三方、強さで比較してみると、俄然ハリケーン氏がその筆頭に。そして台風氏とサイクロン氏はほぼ互角のようで。。。
「ハリケーン」の冠を頂くには、最大風速が毎秒約33メートル以上、それに対し残りのお二方は約17メートル以上というから、ハリケーン氏のパワーのすごさには恐れ入ります。。。

P1010616_convert_20110916005639.jpg


P1010618_convert_20110916005528.jpg
ニューヨークのライビーチ


「アイリーン」嬢が立ち去った台風一過の夏休み最後の週末・・・
また今年もいつもの場所に。。。

砂浜に腰かけながら、過ぎ行く夏に想いを馳せて。。。




バンクーバー便り☆

こんにちは
日本はまだ厳しい暑さのようですが、皆様、お盆休みはいかが過ごされましたか?

私たちはNYの暑さから逃れ、1週間程カナダのバンクーバーに行って来ました。バンクーバーといえば、昨年の冬季オリンピック開催地、そして近年では「世界で一番住みやすい街」として不動の地位を誇る街。だったら、ホテルなんかに泊まっていてはもったいない!とバンクーバーのダウンタウンにコンドを借りて”住みながら街を観光しよう!”ということに。。。


P1010047_convert_20110817125627.jpg
バンクーバーの街

P1010008_convert_20110817125009.jpg
カナダプレイスに停泊中の客船


朝7時発のバンクーバー行きの飛行機に飛び乗り6時間。ダウンタウンのコンドにチェックインするや否や、早速カラッポの冷蔵庫の中身を求め、近隣のマーケットに直行!見知らぬ土地のマーケット巡りは主婦にとっては興味津々!

たかが1週間、でもでも実際に生活してみるとホテル泊まりでは気がつかないことがたくさんあるんですよね。
まずは、卵のお値段チェックから。。。
「えっ~~!卵がこんなに高いの?!」何かの間違いなのでは?と思う程のお値段!一ダース(12ヶ)の卵が6カナダドル。赤玉になると8カナダドル。この値段って、NYの卵のざっと2倍!頭の中のアメリカドルで計算すると、赤玉一ダース800円!いくら何でも高すぎなのでは~???

卵が高いということは。。。当然、トリ肉殿も高いはず!
アメリカのトリ肉値段に慣れきっている私の目が飛び出るほどの高級食材に!ここまでくると「高すぎっ~~!」を通り越して「あり得な~~いっ!」の連発。
手羽元1本が3カナダドル。この値段ってアメリカのセール価格の10倍では?!しかもカナダの消費税は12%。
こんなに食材価格が高くて、本当にバンクーバーって「世界で一番住みやすい街」なの?!と思うと、頭の中がだらけになってしまった私。


P1010178_convert_20110817130128.jpg
1週間過ごしたコンド

P1010002_convert_20110817130231.jpg
コンドのキッチン


でも、でも、でも、これってもしかしたらアメリカドルの弱すぎってこと?!今やアメリカドルがカナダドルより安い時代。こんなこと長いアメリカ生活でも初めての経験。確かに1ドル=70円代では、もはや気軽に日本に帰れる時代ではないですよね。オバマさん!このアメリカドル、ちょっと何とかしてくれませんかね~~!

毎朝起きて、その日の気分とお天気の具合で予定を立てるのも、”住みながらの観光旅行”のおもしろさ。
一日一日を過ごしていくうちに、「なあ~んだ、お天気が良いのは昨日だけではなかったんだ~」と。

毎日毎日のお天気のさわやかなことといったら。8月だというのに、全く湿気がなく、摂氏20~22℃と信じられないすがすがしさ!街を一日中歩き回っても、汗一つかかないわけですね。しかも、チャンと美しい四季があるなんて。。。こんな好条件の土地柄は、アメリカには残念ながらありそうにないですよね。。。


P1010084_convert_20110817125515.jpg
バンクーバー市民の憩いの場スタンレーパーク

P1010205_convert_20110817130515.jpg
スタンレーパークに架かるライオンブリッジ


さらに、キッチンの蛇口をひねるとロッキー山脈から流れてきている水道水は、冷蔵庫で冷やされたミネラルウォーターそのもの!冷たくて美味しい水道水のおかげで、毎朝のコーヒーは絶品!NYから持参した同じコーヒー豆なのに。。。コーヒー同様、おナベで炊いた白米も美味!これまたNYから持参した同じお米なのに。。。やっぱり”水が命”なんですね。

1週間暮らしてみて、バンクーバーが「世界で一番住みやすい街」である理由が、”物価の安さ=住みやすさ”ではなく、どうやらお金では買えない”さわやかな天候” "美味しい水” そして“美しい風景”なのではと思うように。。。

でもこれだけなら、ヨーロッパの国にもありそうな。。。しかしそこはバンクーバー、アメリカ同様、移民の国としてのカナダは異国人に対して門戸が広いのでしょうね。ヨーロッパの国々には見られない受け入れの広さとその自由さが「世界で一番住みやすい街」のランク付け一位に大いに貢献しているのかも。。。


P1010189_convert_20110817130346.jpg
バンクーバー発祥の地ギャスタウン

P1010060_convert_20110817125259.jpg
有名なトーテムポール


デンマークの童謡作家、アンデルセンの名言の一つ。
「旅することは生きること」 "To travel is to live."

まさに旅は、私にとって人生のエッセンスそのもの。
息子が巣立ち、時間的にも経済的にも余裕ができたら、毎年数ヶ月間の”住みながら観光旅行”ができることを夢見ながら、さわやかなバンクーバーを後に。。。


P1010097_convert_20110817125833.jpg
夕暮れのイングリッシュベイ

サマーキャンプ☆

皆様、書中お見舞い申し上げます。

暑い毎日ですが、暑さにめげずアメリカの子供達は夏休み真っ盛り!
そして、この長い夏休みに欠かせない一番の助っ人が、子供にとっても親にとってもサマーキャンプ。
これなしでは、アメリカの夏休みは語れませんよね。。。

日本ではキャンプというと、自然の中でテントを張って寝泊まりする野外活動のイメージが強いのですが、アメリカではサマースクール的存在で、日帰りキャンプから宿泊キャンプまで子供達のニーズに応じた様々なキャンプが勢揃い。スポーツ、音楽、ダンス、アートはもちろん、ウェブ・デザイン、ロボット製作、映画作り、レゴブロック建築、プロモーションビデオ作成などなど、さすがサマーキャンプ王国のアメリカ、子供達だけではなく親の方まで参加したくなるようなキャンプがズラリ。

これだけキャンプも多種多様なら、モチロンお値段も多種多様。
我が家のように、懐具合を考えながらのキャンプ選びは、親にとっても一苦労なわけです。

そこで、スポーツキャンプをお探しの方に、チョット耳寄りな情報を。。。
アメリカの大学にとって、スポーツほど儲かるビジネスはないようで、多くの大学では小学生高学年から高校生を対象にした様々なスポーツキャンプが行われています。しかも嬉しいことに、参加費用が一般のキャンプに比べ、約半分なのです。どこの大学も自前のスポーツ施設と寮、そして監督、コーチに至るまですべてが揃っているため、ほぼ実費(?)だけで参加できるのです。

さらに、その大学のスポーツクラブの監督、コーチ、そして所属している学生達が直接指導してくれるので、大学のことも色々と聞くことができる上、その大学に行きたければ自分を売り込むことも出来るので、特に高校生にとっては一石二鳥。モチロン大学側も入学して欲しい有能なスポーツ選手を物色しているわけで、「これは!」と目をつけた選手に対しキャンプ終了時に奨学金を提示する大学もあるようです。

前置きが長くなってしまいましたが、今年は我が家もこの大学のスポーツキャンプに息子を送り込みました。
行き先は、泣く子も黙るウエスト・ポイント(West Point)。
正式名はウエスト・ポイント陸軍士官学校(United States Military Academy)。アメリカで最も古い由緒ある士官学校です。


P1000994_convert_20110716225755.jpg
ウエスト・ポイント陸軍士官学校


P1000983_convert_20110716225510.jpg
アイスリンク施設



場所はマンハッタンから北へ車で1時間ほど。
緑豊かなハドソン渓谷に、世界でも1、2位を争う広大な敷地を誇るキャンパスには、ネオゴシック調の建物が威風堂々と構え、実際に使用された戦車がオブジェのようにあちこちに。
「まさかこの戦車、動き出さないよね?!」と念を押してからキャンプ入りした息子でしたが、1週間後に真っ黒に日焼けし、何となく一回り大きくなったような姿を見ると、楽しく充実した日々を送れたことが一目瞭然。

キャンプ最終日に行われた紅白戦ならず、黒白戦(ウエスト・ポイントのスクールカラー)では、1週間のキャンプの成果を迎えに来た親や家族に披露。公式戦ではないにしても、13歳で高校生のチームに入り活発にプレイをしている息子の姿に、思わず応援にも熱が入ってしまった私達。


P1000959_convert_20110716225303.jpg
毎日練習したアイスリンク


P1000965_convert_20110716225405.jpg
試合前の練習風景



家に帰って来るや否や、血マメだらけの足を見せながら、「来年もまた絶対に行きた~い!でも大学は他に行きた~い!」と何度も何度も念を押す息子でしたぁ~~




これって「偶然」?!

こんにちは。
先週の記録的な猛暑から一転して、過ごしやすい日が続いています。

実は先日、20ドル札を拾っちゃいましたぁ~!
歩きながらふと目をやると、前日の雨でグッショリと濡れた半折りの20ドル札が芝生の上に!!
偶然とは言うもの、たまには下を見ながら歩いてみるものですね。。。

きっと私の前にも何人かの人が同じ道を歩いたはずですが、どうやら気が付かなかったようで。。。
まぁ、そうゆう私も、もう少しで見過ごすところだったのです。
と言うのも、グリーン色の芝生の上にグリーン色の濡れたお札では、まるで小枝にじっとしている尺取り虫のように、一見見分けがつかなかったのです。「だから、グリーンバックって言うんだぁ~~!!」と改めて認識した瞬間でした。

このアメリカのお札、別名が「グリーンバック」"Greenback(s)"なんです。文字通り、背中がグリーン! 
金額に関わらず、どの紙幣もそろってグリーン一色で印刷されていることから「グリーンバック」との愛称が。

日本では、「緑背紙幣(りょくはいしへい)」なんて言う気持ち悪い名前で呼ばれているのですが、もう少し気の利いた呼び名が見つからなかったんでしょうかね。。。いつの時代のお札かと思っちゃいますよね。

さらに、アメリカの紙幣にはもう一つの呼び名が!
こちらも「バック」! 5ドルを5バック(ス)、10ドルを10バック(ス)と言うのですが、こちらは "back" ではなく"buck" なんですよぉ~~。つまり、「背中』ではなく「鹿」君なんです!

"buck" とは、勢いのいい雄鹿のことなんです。
その昔、新大陸を発見した頃のアメリカには、まだ紙幣なんてものはなかったわけです。そこで、元来の住人であるインディアンと途中からお邪魔した白人との間で、取引の際に紙幣代わりに鹿の皮を使っちゃったんですね。これも人間の知恵ですよね。それで、今でも「ドル」の代わりに「バック」が使われているのです。

でも、この雄鹿の"buck"は、やはり男性言葉のようで、男っぽい女性は別として普通の女性は使いませんねぇ。
まぁ、「5バック」と言われた時に、「えっ!5ドル戻し?!」なんて思わなければいいだけの話です。

お札の話でもう一つ。
偶然にも20ドル札を拾ったその日、息子が学校から帰って来るや、「お母さん、持っているお札全部出して~!」と。「銀行じゃあるまいし。。。」と思いながらも、手元にあったお札を何種類か渡すと、どこで仕入れて来たのかお札を折り始め、「ほら?」っと。
話には聞いてはいたものの、確かに。。。


P1000940_convert_20110617034355.jpg
ツインタワーの10ドル札

P1000938_convert_20110617034133.jpg
崩れかかったタワーの20ドル札

P1000942_convert_20110617034305.jpg
崩壊したタワーの50ドル札



誰がこんなことを考えついたんでしょうかね。。。これも偶然??

う~ん、そう言えば「偶然」は英語で "by accident" --- と言うことは、勝手に「偶然」と思っている出来事は、良いことも悪いことも、もしかしたら "accident" なのかも知れませんね。。。

メモリアル・デーは、「ピンクの日」?!

早いもので、5月最後の週末を迎えました。

今週末は3連休 -- 5月最後の月曜日はメモリアル・デー "Memorial Day" です。アメリカの祝日の中でも、日本では一番知名度の低い祝日ではないでしょうか。。。「一体、何をメモリアル?!」と思う方のために、まずは簡単にご紹介。

元来、このメモリアル・デーは、「デコレーション・デー」"Decoration Day" と呼ばれていたもので、祖国のために犠牲になった軍人を追悼する日なのです。現在では、「戦没者追悼記念日」と言われている祝日です。

でも、そもそも「何でデコレーション?」って思いませんか?
デコレーションと言うと、すぐさまケーキやクリスマスのデコレーションのように、きれいに飾り付けることを連想しますよね。

しかし、デコレーションには、もう一つ私達にはチョット無縁な意味があるのです。答えは・・・「勲章」
この場合は、武功に対し与えられる勲章のことで、このデコレーションは「メダル」の意味なのです。

ただ、犠牲になった軍人全員がその勲章を授かったわけではなく、彼らの墓地に花やリースなどを飾ることになったことから、「デコレーション・デー」と呼ばれていたそうです。後に、「メモリアル・デー」と改名され、1971年に正式に国の祝日として仲間入りしたわけです。


P1000894_convert_20110530232504.jpg
街のタウン・ホールも星条旗一色



このメモリアルという言葉、「メモリアル・パーク」や「メモリアル・ホール」など、今ではすっかり日本の生活の中に溶け込んでいますよね。ところが、いざ英語で発音するとなると、これがくせ者!!
「何で~~~?!」と泣きたくなるくらい、通じないんですよぉ。。。

日本人にとって、「メ」「モ」「リ」「ア」「ル」という音が、しっかりと頭に刻み込まれてしまっているのが返って障害なのかも知れませんね。。。音だけを聞いていると、何回聞いても私の耳には不思議なことに「モモイロ・デー」に聞こえてしまうのです。

そこである時、「メモリアル・デー」を故意的に「モモイロ・デー」と言ってみたら、何とこれがスンナリ一度で通じちゃったんですよぉ!
「なぁ~んだ! メモリアル・デーはピンクの日だったんだぁ~~!」と。

「何で、モモイロになっちゃったんだろう?」と辞書で発音記号を調べてみたら、「メ」という音より「マ」に近い音なんですよね。「メモリアル」と言うより「マモリアル」、しかも「モ」にアクセントがあるため、チョット早めに言うと「モモイロ」になっちゃうわけです。
それ以来、このメモリアル・デーは、私にとって「ピンクの日」になってしまいましたぁ。。。

この「ピンクの日」、もう一つアメリカ人にとって大切な意味が。。。
そうなんです! アメリカ人にとってこの日が「夏の始まり」の日なんです。日本の「海開き」みたいなものでしょうか。。。

冬の間、おとなしくお休みしていた遊園地やウォーターパーク、プールなどがこぞって店開き。この日を境に、アメリカは一斉に夏モードに切り替わります。天気までもが、まるで打ち合わせたかのように、夏バージョンにヒート・アップ!

と言うことは・・・え~~っ!今年も夏休みまであと3週間~~~!!
アメリカの長~~い夏休みをどうやって乗り切るか、親泣かせの夏でもありますが、子供達が心身共にグ~~ンと成長するのも夏休み。
毎年、「ピンクの日」になると、夏休みを目前に慌てだす私です。

それでは皆様、Enjoy your summer !














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。